K&S PLAGEを支援する

わたしの女神たち 渡辺 淳一 (著)

この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク

商品詳細

wikipedia

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 – 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。

作品
主題は、評伝(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『無影燈』『麻酔』など)、恋愛(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別されるが、各ジャンルを融合したものも少なくない。初期においては医療をテーマとした社会派的な作品が多い。伝記は時期を問わず書き続けられている他、医療や身体から恋愛論、身辺雑記にいたるまで、幅広いテーマでエッセイも多く手がけている。その中でも、日本経済新聞朝刊に連載された、『化身』『失楽園』『愛の流刑地』の三作は爆発的なヒットとなり、映画化、テレビドラマ化され、大胆な性的なシーンも多かった。1997年の「新語・流行語大賞」には『失楽園』が選出されている。経済記事が主体の日本経済新聞に、毎日少しずつ連載されたロマンス小説が爆発的ヒットとなったこと自体も話題となり、連載の最終回の掲載された日の朝刊は、異様な売り上げを記録した。

わたしの女神たち (角川文庫) 文庫 渡辺 淳一 (著)

価格:680円

優柔不断さこそ男の優しさであり、豊かな感受性と一途さから生まれる女のヒステリーは、けなげで可愛いといえる。男の優しさ、女の優しさ。そして男と女の強さとは。医師の冷徹な眼と作家の感性で、永遠に未知なる異性への限りない怖れと憧れをこめて、鮮やかに描く男と女のエッセイ集。 –このテキストは、文庫版に関連付けられています。

注意ポイント
かなり色あせがございます。
古書になりますので掲載写真をご覧になってご判断ください。
神経質な方はご遠慮ください。

この商品についての問い合わせはコチラ

[懲りない男と反省しない女 (中公文庫) 渡辺淳一]

スポンサーリンク
BOOK 商品
Follow Me
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

国産ワードプレステーマ

DINA
クラブ・ライブハウス向けWordPressテーマ

OOPS!
ビジネス・店舗HP向けWordPressテーマ

「Welcart」対応WordPressテーマ

ICONIC
Welcart対応WordPressテーマ

GLAMOUR
Welcart対応WordPressテーマ

sao

田舎暮らしに憧れて東京から鹿児島へ。のんびり田舎暮らしとはいきませんが(*''▽'')この記事良かったよ~参考になったよ!などコメント頂けたらとても嬉しいです。また、wordpress設定・構築やウェルカートに関するご質問等もお気軽にご連絡下さい。
支援者募集中 tippin.me ほしい物リスト

Follow Me
K&S PLAGE
タイトルとURLをコピーしました